ライフサイエンス

ハイテク分野で創造的開発のリーダーであるイスラエルは、ライフサイエンスの分野でも現代の医療健康管理上の課題となっている医療費用の全体的な削減、全世界的に老齢化が進行している社会の要求に対するソリューション、中国・インド・ブラジル・ロシアをはじめとする新興国で増加傾向にある中級階級に対するより良い医療サービスの提供等の課題に対する、革新的なソリューションの提供者としてもリーダー的な存在となっています。

イスラエルの社会には強い起業精神が浸透しています。イノベーションはイスラエルの生き様なのです。

ライフサイエンス部門の優位性;
・イスラエルにある16の技術移行組織(Technology Transfer Organizations (TTOs))は、大学・病院システム・ビジネスと軍隊の創造的融合を象徴しています。全てのTTOは研究プロジェクトや軍用テクノロジーをラボから世界に送り出すことを奨励し、推進することに専念しています。

・教育が行き届いた国では、医療は最優先の課題です。イスラエルはGDPの8%を医療に当てています。非常に高いレベルの医療を提供していること、地域コミュニティ-にあるクリニックから世界的に著名な外傷センターに至るまでの多数の良質なインフラ資産があることに誇りを持っています。イスラエルの人口に対する医療従事者の比率(1,000人当たり3.5人)は非常に高いと言えます。イスラエルの起業家精神は、この分野でも発揮されています。多くのイスラエルの医者は新しい技術の導入に積極的である一方、自身が独自技術の開発者でもあります。

・イスラエルは高い技術を持つ労働力を多数抱えています。全人口当たりの科学者とエンジニアの数が世界で最も高いのがイスラエルです。労働力の24%が学位を持っています。

・防衛に関連するコミュニティーがライフサイエンス産業を育成しています。巨額の投資の下開発された防衛用の最先端技術は、先進的なライフサイエンスへの応用に有効であることがわかりました。ラファエル社の先進防衛システムから、2件の有名なイノベーションが生まれています。PillCamTMビデオ・カプセル内視鏡(Given Imaging開発)と、癌治療に利用されている凍結療法(Galil Medical開発)です。

・強力なインセンティブ制度が新技術の開発を支えています。移住してきた科学者やエンジニア(多くは旧ソビエト連邦からの移住者)に就職機会を与える目的で1990年代に始められた政府からライセンスを受けた23の技術インキュベーターは、初期ステージにあったライフサイエンス産業を、商業化に非常に有用な枠組みに進化させました。実際2008年には、インキュベーターから卒業した1,175社のうち、約38%の会社はインキュベーターステージから、成熟した企業として機能するまでに育ちました。

・イスラエルの科学インキュベーターの約半数はライフサイエンス、またはバイオテクノロジーに焦点を絞り込んでいます。2008年末には、インキュベーターから生まれた全ての企業の41%が医療デバイス関連事業に携わり、18%がバイオテクノロジーに携わっています。2008年にイスラエル主席科学官のオフィスがインキュベーター企業に投入した総額3.6兆ドルの助成金の内、24.5%はライフサイエンス分野の企業に投下されました。

・世界のベンチャーキャピタルのコミュニティが、イスラエルに焦点を当てています。2008年にはイスラエルと国際VCの約80社が、イスラエルに対する特定の投資努力に標準を当てました。これらの内9件はライフサイエンスに特化したものでした。

IEICIのライフサイエンス部門は、1,200社以上のイスラエルのライフサイエンス企業と世界各地のビジネスパートナーを、あらゆるレベルで結び付けた実績があり、このビジネスではリーダー的存在です。潜在的なビジネスパートナーを探し出しマッチできる能力、1対1のビジネス会合を準備・実現する能力は実証されており、ライフサイエンス部門は政府や産業とのコンタクトの中心になっています。


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tokyoeoi/www/wp/wp-content/themes/israel-keizai/template-parts/content-sector.php on line 63