自動車関連技術

自動車メーカーとサブベンダーとの関係は日増しに複雑、且つ相互依存的になってきています。自動車メーカーに対し、より複雑なシステム、より強い一貫性、より魅力的な価格を提供するために、二次サプライヤーの間で合併の動きが顕著になる一方、未だに生産能力や新技術開発に関しては、自動車メーカーからの資金的援助に依存しなければならないという側面もあります。

加えて自動車メーカーもベンダーへの依存度が高くなってきています。自動車の生産コストにメーカー自身のコストが占める割合は25%に過ぎず、残りは下請け業者やサブサプライヤーの外注コストで構成されていると言う現実があります。今日では、以前のように製造会社名を隠すことなく、二次サプライヤーのブランドを表示したパーツを搭載した完成車を見かける頻度が高くなってきています。

イスラエル輸出協会は、全世界の自動車市場における最新動向を絶えずモニターしています。また行政に参加するイスラエル自動車産業の代表者(自動車産業理事)と共に、多くのメーカーや輸出業者が自動車市場や、国際的販売への進出を果たす支援をしています。

イスラエル輸出協会の自動車部門は、現在150社以上の輸出業者と関わりがあり、それらの企業には、ハイテク会社・OEM・アフターマーケット部品製造会社等が含まれています。

イスラエルには、自動車製造業・下請の分野において、ビジネス面・技術面で高い潜在能力があります。イスラエル輸出協会は、自動車工業の育成と、自動車メーカーや、そのサブサプライヤーに対し、国際的な自動車市場において有利に事業活動が行えるよう多くのエネルギーを費やしています。


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tokyoeoi/www/wp/wp-content/themes/israel-keizai/template-parts/content-sector.php on line 63