フードテック
FoodTech

近年、SDGsなど、環境や気候変動などへの興味関心の高まりからイスラエルのフードテックが注目を浴びています。

イスラエルのフードテック部門の強さは、政府の支援や天然資源の不足から学んだ教訓など、さまざまな理由があり、それが世界の緊急課題の1つとなるずっと前から、「より少ないものでより多くを育てる」ための革新的な手法や技術が育まれてきました。イスラエルのフードテックイノベーション能力は幅広く、土壌や植物のセンサー、最先端の群れ飛ぶドローン、自律型ロボット、植物遺伝学プラットフォーム、培養肉、代替タンパク質、スマート灌漑、ビッグデータ分析ソフトウェアなど様々なものがあります。

なかでも、代替タンパク質はここ数年のフードテック業界の最前線に位置づけられ、イスラエルの代替タンパク質関連企業への投資はアメリカ以外のどの国よりも進んでおり、日本企業からも多くのお問い合わせをいただいております。