• 2021.08.11

Emerging Israeli Startups that are redefining the Global Food-Tech Industry

食品の話題でいつも最初に頭に浮かぶものはテクノロジーではありません。しかし、世界の食品産業は、長年にわたり、さまざまな食品の加工、生産、保存技術の面で大きな変革を遂げてきました。

現在、フードテックは、環境にやさしく、比較的栄養価の高い、より安く、より安全で、より新鮮な代替品で食卓を満たすためのものです。2021年のフードテック産業は、代替タンパク質、ナノテクノロジー、微生物学、組織工学などに大きく関わっています。

イスラエルの技術革新と専門知識を考えれば、世界中の投資家が、この10億ドル規模の産業をゆっくりと、しかし確実に変革しているイスラエルのフードテック新興企業に注目するのは当然のことです。

例えば、Amai Proteins のようなスタートアップは、砂糖を健康的で甘いタンパク質に置き換えることを目指しています。Amaiは日本語の「甘い」ですが、私たちが食べるものが原因で起こるさまざまな病気を治すことに焦点を当てるべきだと考えています。この会社は、赤道帯で発見された甘いタンパク質を発酵させ、AI-CPD(Agile Integrative Computational Protein Design)を用いて、大量の食品市場に適したタンパク質を生産しています。

また、実験室で育てた肉を供給・生産するFuture Meat Technologies社もあります。この会社は、持続可能な培養肉技術に焦点を当てており、食肉のために鶏や豚、羊を殺す必要性を完全に排除し、代わりに遺伝子組み換え作物を使用せず、遺伝子組み換えなしに成長する健康な動物細胞のラインを作ることに焦点を当てています。Future Meat Technologies社は、細胞農業に焦点を当てたコスト効率の高いソリューションを採用しており、持続可能であるだけでなく、設計上の拡張性も備えています。

イスラエルのバイオテクノロジー企業であるUkko社は、食物アレルギーや過敏症と闘うことで人々の生活を向上させるというユニークな使命を持っています。Ukko社は、食物アレルギーや過敏症に対処することで人々の生活を向上させるというユニークな使命を持っています。Ukkoの技術は、様々な患者のサンプルと機械学習を利用して、マイナスの反応を引き起こすことなく様々な食品に使用可能な、改善された特性を持つ優れたタンパク質を作り出すことを目的としています。

代替乳製品の分野では、イスラエルの新興企業Remilk社が、食感や味に妥協することなく動物性乳製品を提供しています。この会社は、微生物による発酵プロセスを利用して、牛の乳と同じ乳タンパク質を再現しています。Remilk社は、乳糖、コレステロール、ホルモン、そして牛を使用しない、より健康的で安全な代替乳製品を提供しています。

したことが証明されています。ZeroEggは、大豆、ひよこ豆、じゃがいもなどの健康的で持続可能な植物性タンパク質を組み合わせて、本物の卵のような感触と味を持つ植物性卵製品を開発しています。 さらに、この代替品を液体や粉末の形で提供しており、マヨネーズ、オムレツ、パイ、クッキーなど様々なレシピに代替品として使用することができます。

これらは、食品技術をリードするイスラエルのスタートアップ企業のほんの一例に過ぎませんが、このようなイノベーションによって、イスラエルが食品技術産業の変革に向けてすでに道を開いていることは明らかです。


Webinar
APAC市場向けイスラエル産代替プロテイン
2021年8月19日