• 2018.07.11
  • 防犯・防災・航空宇宙・サイバーセキュリティ

2020年の東京オリンピックには4000万人以上の観光客が訪れると予測されます。 セキュリティは主催者と当局にとって最大の関心事です。 ISDEFは、HLS、メガイベント保護、サイバーセキュリティ、カウンターテロリズムの最新機器と技術を専門とするイスラエルとインターナショナル企業を集め、公共安全を確保するための高度な技術と知識を取得出来るのユニークなプラットフォームを提供します。

ISDEFの2020年東京オリンピック大会コンセプトを強調するため、このイベントは川崎市のとどろきアリーナでの開催される運びになりました。 イベントでは、展示会、ライブデモ、ワークショップ、セミナー、会議、企業様との個別会議、政府関係者様との個別会議が予定されています。

詳細はウェブサイトにて   ISDEF Japan 2018

お問合せは大使館経済部まで。

With the 2020 Tokyo Olympics on the horizon, and over 40 million tourists expected to visit; security is the greatest concern to the organizers and authorities. ISDEF will bring together Israeli and International companies specializing in the latest equipment and technologies for HLS, mega-event protection, cyber security, and counter-terrorism, providing a unique platform of advanced technologies and knowledge transfer to ensure public safety.

To emphasize ISDEF’s 2020 Olympic Games concept, the event will be held at Todoroki Arena in Kawasaki. The event will include an exhibition, live demonstrations, workshops, seminars, conferences as well as B2B and B2G meetings.

We wish to see exhibitors from Japan and Israel collaborating together and there is still space for exhibitors.